健康経営 Healthy Company


ひとりひとりの健康が向上すれば、企業の生産性が増大し、社会全体が活性化します。

このロジックに頭から疑いを持たれる方は少ないのではないでしょうか。

 

医療健康問題を単なる福利厚生コストから、「人的資本」への「投資」と考える経営戦略が注目されています。


物的な資本の投資収益を最大化するのと同様に、人的資本への投資収益を最大化できる企業が、真のヘルシーカンパニーです。

 

社員ひとりひとりを大切にして、健康維持に力を入れるという字面は、いかにも優良企業的な響きです。しかし、企業理念に基づく社会に必要な事業で収益を上げ、社会に貢献して責任を果たすことこそ企業の存在意義にほかならないのですから、社員の健康維持は親切や慈善ではなく、儲けに直結しなければ経営とはいえません。利潤を得るのが企業の道です。

 

もともと日本には金儲けは罪悪、下劣と捉える向きがあり、特に医療や健康の問題を聖域視する嫌いがあります。健康を金に絡めるのは卑しいことではありません。医療は産業であり、ヘルスケアビジネスは大きなチャンスです。セルフケアで自分も元気、相手も元気、社会も元気の三方よしが実現するのです。

 

堂々と儲かる健康を目指しましょう。


 ※「健康経営」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です

 



健康と生産性の管理 

Health and productivity management 


健康とは何か。

生産性とは何か。

この疑問に向き合い、この話題にコミュニケーションを取るために必要かつ最も有効なのが、ハッピーワークリテラシーです。

この疑問の先には、

人間とは何か、自分とは何か、社員とは何か、

そして、労働とは何か、企業とは何か、社会とは何か

という深遠な問題が続きます。

いたずらに不健康な習慣を禁じ、法定の数値へのエクスキューズに追われる管理では、社員一人一人の強大な潜在力を、実際の仕事でほんのわずかも発揮させることはできません。

社員を信じ、その生産性を信じるその先に、どれだけの利潤が生まれるでしょう。

心陽では疫学エビデンスを踏まえた独自の計算により、御社での各サービス導入後のコスト&ベネフィットを算出いたします。

労働安全衛生法があるから社員の健康管理をするのか、

愛する社員、愛する会社をより成長させるためにするのか、

この機会にぜひ、お考えください。


プレゼンティーイズムとアブセンティーズム 

Presenteeism and Absenteeism


 耳慣れないことばかもしれませんが、社員の生産性を評価するときに重要な指標になる概念です。

 生産性はきちんと定義でき、この内容を習得することもハッピーワークリテラシーの一部ですが、ここでは単純にコストあたりの成果と考えましょう。

 通常勤怠の乱れが生産性を低下させることは想像できますね。出勤するはずだった社員が病気で休んだとしたら、彼が当日こなすはずだった仕事は完成せず、その一つのボタンがかからないために、企業内の多くの計画が狂ってしまいます。そのため、計画の立て直しや相手先への謝罪を含め、多くの余剰の仕事が増えます。休んだ社員の給料は当然払わなければならないし、ひずみにより他の社員に時間外労働が発生したり、他の社員がするべき仕事が後回しになったりします。実際には、コスト上も彼の日給分以上の損害が発生し、一方で、日給で期待される分の成果は到底出ません。

 このように、欠勤、遅刻、早退などで、勤務に穴が空くことによる生産性の低下をアブセンティーズムの低下と呼びます。アブセンティーズム=勤怠と捉えておおむね正解です。

 たいへん重要な生産性低下要因であり、多くの経営者が健康管理不足による生産性の低下というとこちらを想像するのではないでしょうか。

 アブセンティーズムの原因がなんらかの疾病にあった場合、会社の負担、非負担にかかわらず休業手当や治療代などの医療費が発生します。医療費の増加が日本の重要な問題であることは、どなたもご存じでしょう。

 休む社員は辞めさせて、新しい社員を雇えばいいと言うのは易しくても、新入社員の潜在能力を高めるためにはたいへんな努力がいります。そのために実は思わぬ生産性の低下が起こることは想像できると思います。

 採用や教育にかかる手間は最大のものです。だからこそ、それを効果的に進め、そういうときに最大の生産性を発揮してくれる社員を育成しよう、そして社員を長く大切にしていこうと思うのですよね。

 たとえば上記のようにイレギュラーなイベントやトラブルで多くの成果を求められるとき、どうしても普段の仕事を犠牲にするわけですから、出勤はしていても、アブセンティーズムと同じ問題が起きていることがわかります。一人でできる仕事でも、申し送りのたびに二人がかかることになりますよね。

 また、出勤はしたものの通常通りの仕事を通常通りでこなせない体調不良を抱えている場合があります。わかりやすいのは花粉症の季節、とてもほかの季節のようには集中できません。

 このように勤怠に穴がなくても生産性が低下するのをプレゼンティーズムの低下と言います。実は社員の健康管理を経営に直結させていくとき、重要なのはこちらなのです。


ワーク・エンゲイジメント Work Engagement


ポジティブ心理学 Positive Psycology


ジョブ・クラフティング Job Crafting