ヘルスプロモーションや健康経営に

興味と意欲のある企業家の皆様

ぜひ、弊社へのBPOをご検討ください。



企業内健康部門の発足

 CHO(健康管理最高責任者)の養成

 労働衛生体制樹立

  衛生管理者・衛生委員の選考、教育、指導 

  衛生委員会開催

 アプリによるヘルス・リテラシーの浸透

  MBSRによるストレス対策

  セルフケアの啓蒙

  個人情報分散管理の実現

 健康社員評価システムの導入

  ライフスタイルの行動変容へのインセンティブ

  ヘルスケア関連の資格手当

 健康関連事業参入コンサルティング

 労働安全衛生法に準拠した法定労働衛生管理

  ストレスチェック

  健康診断

  産業医選任


などを網羅したポピュレーションアプローチのプログラムで

御社の健康経営を徹底サポートいたします。



外部EAP、産業医、精神科産業医、社内診療医、人材開発タレントなど、

すべての機能を果たします。



既存の福利厚生はハイリスク、または疾患へのアプローチが主で、

問題が起きてから新しいサービスを建て増していくパターンでした。

はじめからデザインされている総合サービスこそ機能します。

お確かめください。

 

 

 

心陽式ハッピーワークパッケージ SHINE

健康経営・健康管理部門・人事労務の徹底サポート

産業保健・医療・ストレス対策のプロフェッショナル

 

経営者と社員が自らのパワーで

「企業の元気」を獲得し、きらきら輝くために☆

 

 はじめに、産業保健は産業(労働・公衆・社会・企業)の保健(衛生・健康・健全・元気)という意味です。


 人間同様に、生きている企業の性格や性質は多種多様です。それぞれの企業に欠点や持病、時にはケガやゆううつがあって当然です。その不完全さを補い企業を成長させる力は、同時に必ず存在する長所や得意技であり、基盤となるのが健康維持です。重要なのは健康知識や予防医療によるセルフケア

 時代遅れの労働衛生マニュアルを捨て、経営者と社員がありのままに自覚し、健康を求め未病を防げば、必ず元気に楽しく働けます。各人の健康はすなわち人材の発展であり、元気な企業の象徴です。

 現代特有の多様性に対応するべくオーダーメイドのプログラムを作成し続け、積極的な指導と医療で運営することで、経営者と社員のワークライフバランスを実現し、企業の元気を支援します。

 

企業全体と「ヒト」の健康を同時に促進して、利益増大、

そして社会貢献増進を実現します

 

 人体は脳と手足、臓器と細胞、DNAなどさまざまなレベルと関係性からなり、常に変化し続けます。

 企業を人体、社員を細胞、部署を臓器と考えてコンサルティングします。

 常に流れる生理を評価して診断、治療する医師の目で、企業をマクロで俯瞰的に捉えると同時に、働く人々をミクロで微細に観察して、各企業にとって最適な元気マネジメントプログラムを提案し続けます。


【対象企業】

❶首都圏の事業所……定期訪問や有事の迅速対応に有利

❷社員100人前後までの中小企業

  ……社員全員にアプローチすることで顔の見える健康マネジメントを実現

 (法令上は2999人まで最低1人の産業医選任ですが、明らかに無理です)

企業の真の大きさは社員数だけでは測れません。

有能な企業に提供する参加型労働衛生管理力は

経営者と社員個人の資産にもなります。

 

【サポート対象経営者】

❶健康をケアしていない経営者

 まずは小さな不安からご相談ください。

 この機会に簡単な対策をはじめましょう。

❷健康対策をはじめている経営者

 主治医と連携し、健康管理をサポートします。

 業務時間内に、オフィスで診察が受けられます。

企業のため、社員のため、自身のため、まず経営者から元気になりましょう。

医療機関連携により、経営者の健康管理をサポートします。


経営者や役員は医療コンシェルジュサービスをご利用いただけます。

 


健康関連事業

 健康経営には多くの側面がありますが、ひとつには、企業が健康に関連した商品やサービスを扱うことも有用です。

 健康関連事業を通して、健康経営に最も重要な社員の意識を高めることができます。現在の商品構成や企業のポテンシャルで、どのような健康事業参入ができるのか、心陽はその課題もともに考えていきます。

 医療の現場で働く臨床医の声を聴くチャンスはなかなかないと思いますが、自身の経験と人脈を通し、この機会とアイデアの創出を積極的に行います。



労働衛生管理・組織人事管理

 いわゆる古典的な労働衛生管理業務を基礎とする、健康管理、作業管理、作業環境管理等の労働安全衛生法既定業務をきちんと押さえます。

 本プログラムの一つの柱は労働衛生マネジメントシステム(OSHMS)の導入・維持です。OSHMSは労働衛生コンサルタントの主要業務ですが、選任された産業医が実際にこの業務を行っている割合はわずか4.3%です。もちろん他の産業医法定全業務を企業の実状に合わせて実施します。


 また、本プログラムのもう一つの柱として、臨床経験豊富な専門医が、オフィスにて医療サービスを行います。

 産業医は、対企業の存在であり、対人医療行為を行えません。企業が元気になるためには、法人だけでなく経営者や社員、つまり「ヒト」が元気になることが重要です。

 対象企業には社内診療所の設備はありません。社内にちょっとした健康対策を相談できる医者が常駐していれば便利だと思いませんか。

 心陽はそれを叶えます。

 医療コンシェルジュ機能の利用で、特に経営者の貴重な時間を有効利用できます。


企業の労働衛生を管理するコンサルタントと、「ヒト」を診る専門医の両方の特性を融合させることで、企業経営を発展させる組織人事管理に新提案を生み出します。

「人材こそ最重要資源」と謳う企業は数あれど、表現以上の実感を当の社員に持たせてはじめて意味を持ちます。人材をコストから資源に変える改革に、今、踏み出しませんか。


企業の元気プログラムは、二本の柱とその融合で、中小企業の成長を支援します。

是非とも労働衛生コンサルタント資格を有する医師と共に企業を元気にしていきましょう!