ストレスチェック義務化に先立ち、多くのストレスチェックサービスが

各機関から提案されています。

 

心陽はストレスチェックの実施を2年間無料で行います。

 

各社オリジナル項目の設定、分析コンサルタントや面談等は別途ご相談ください。

 

真に価値のあるストレスチェック

 

心陽のストレスチェックはチェックそのものではなく、

その後の意識変容、そして行動変容を目指しています。

独自のアプローチで、社員の巨大なポテンシャルに

その生産性を一歩でも近づけるお手伝いをいたします。

 

ストレスチェックが法定義務化された今がチャンスです。

御社のためにオーダーメイドのストレスチェックと事後措置を作成します。

どうぞお問い合わせください。

ストレスチェックの目的は「労基署に怒られない」ことでも

メンタル不全予備群の社員を「犯人捜し」することでもありません。

「ストレスがある」=「悪」の図式は、成長のチャンスを奪います。

勤務時間を消費して実施するストレスチェックを、

「現在のストレスを計測する」だけで終わらせるのは無駄です。

 

ストレスを悪者扱いするのではなく、つきあいかたを知るだけで、

社会とのコミュニケーション能力と責任意識が高まり、生産性が上がります。

最も大切な資源である人材の育成を通し、社員個人には意識や能力という財産と

会社への信頼が身につきます。

ストレスチェック導入で法令遵守を果たすと同時に、

業績向上のきっかけにし、社会貢献につなげましょう。

 

下記、助成金のグルーピング(組合せ)は弊社で行いますので、

従業員が一人の企業からお気軽にお問い合わせくださいませ。

少数精鋭の企業こそ、一人一人の生産性が重要ですし、

介入による効果のより強い有効性が証明されています。

 



50人未満の事業所には合同ストレスチェックの助成金制度があります。

ご興味のある事業所には、弊社で合同をマッチングいたします。

実施促進のための助成金(従業員50人未満の事業場対象)

同一都道府県に所在する複数(2~10)の従業員50人未満の事業場が、合同でストレスチェックを実施し、合同で選任した産業医がストレスチェック後の面接指導等を実施する場合に、費用の助成を受けられる制度です。

  1. ストレスチェック(年1回)を行った場合
    1労働者につき500円を上限として、その実費額を支給
  2. ストレスチェック後の面接指導などの産業医活動を受けた場合
    1事業場あたり産業医1回の活動につき21,500円を上限として、その実費額を支給(1事業場つにつき年3回を限度)